活動日記

2009年度の主な活動

3月30日

0330

都議会公明党が導入推進した都の中小河川で初の神田川の洪水予報を開始した気象庁を視察

東京都は30日から、気象庁と共同で、神田川の「洪水予報」を開始した。都の中小河川では初めてで、今後テレビのテロップなどを通じて情報提供する。推進した都議会公明党のよしくら正美(都議選予定候補=新宿区)、高倉良生(同=中野区)、まつば多美子(同=杉並区)の各議員が同日、気象庁を視察した。

 洪水予報は、気象庁の1時間先までの雨量予測を基に、都が河川水位の変動を予測し、川があふれる恐れがある場合に気象庁と共同で発表する。同庁の弟子丸卓也・防災気象官は「全国の中でも出水が速く、川周辺に住む人口が多いため、独自の発表方法を採用した」と説明した。

 都議会公明党は、2005年9月の集中豪雨被害を受け都内河川の水害対策を推進。今年2月の定例会では神田川の洪水予報にNHKや民放テレビの活用を提案していた。

→戻る