活動日記

2009年度の主な活動

2月10日

0210

東京・新宿区の小学校 外国籍児童の実情調査

東京都議会公明党の谷村孝彦、吉倉正美の両議員は10日、外国籍児童が多く通う新宿区立大久保小学校を訪れ、同校の取り組みを視察した。

 新宿区の外国人登録者数は東京23区で最も多く、同校では1990年4月から「日本語国際学級」を設置し、児童の日常生活を支援している。冨井正嗣校長によると、同校の外国籍児童は56人、ひとり親が外国人という児童を含めると、全校児童の約6割に上るという。同学級では約2年間(1)入門(2)初級(3)中級――に分けて指導し通常学級に編入する。冨井校長は「試行錯誤しながら学校としての指導マニュアルをつくっている」としている。

→戻る