消火栓訓練

 人間の生命維持に欠かせない水。特に震災後は、水の確保が喫緊の問題となります。2011年9月、吉倉は議会で消火栓から直接、住民に水を提供する「仮設給水栓方式」の積極活用を訴えました。その結果、2012年7月、都水道局と新宿区は区内で、災害時の断水に備える消火栓を活用した住民への給水訓練を行いました。災害時の水の確保へ、大きく取り組みが前進しました。